テレビを処分する場合、テレビのサイズ 知っておくと便利です。

テレビの買い換え、買い替え予定のある方、地デジ対応でテレビを買い換えて

ブラウン管テレビをそのまま部屋に置いていたが不要になってしまった方

ブラウン管テレビ、液晶テレビ、プラズマテレビ、パソコンブラウン管モニター等の処分に

お困りの方が多い思います。

 

古いブラウン管テレビは重くて運搬も大変で処分費用もバカにできないほどの費用も必要になります。


このサイトではブラウン管テレビ、液晶テレビ、プラズマテレビ、パソコンブラウン管モニターや

電化製品を無料で処分する方法をお教えいたします。

 

テレビの画面サイズを表すときは、「インチ」が使われますが、このサイズは画面の対角線の長さを示しています。


インチという単位は、テレビの画面サイズだけでなく、自転車のタイヤのサイズなどでも利用され、

1インチ=2.54cmです。


インチの起源は、古代ローマ人が1フィート(足の爪先からかかとまでの長さ)を、

12等分したものといわれています。だいたい大人の手の、親指幅にあたります。

さて、現在市販されているテレビ画面の、縦横の比率は次の2種類が主流になっています。

1つは、横と縦の比率が4:3で、従来のアナログ放送用に使われてきた標準タイプのテレビで、
もう1つは、横と縦の比率が16:9で、よく「ワイド」と呼ばれているタイプのテレビです。

地上デジタル放送を含めた、ハイビジョンテレビは全てこのタイプになっています。

(*この縦横の比率を、アスペクト比と呼んでいます。)


このため、画面サイズが同じ32インチのテレビであっても、アスペクト比が違っていると、

縦と横の寸法が違ってくるのです。


これは、テレビだけでなくパソコンのモニターにも、同じことが言えます。


新しいテレビを購入するときには、画面のインチサイズだけでは、どのくらいの大きさなのか、

よくわからないケースもあります。


そこで、一目でわかるようにサイズをまとめたのが、下のサイズ表です。

画面サイズ
(対角線寸法)
4:3
(標準タイプ)
16:9
(ワイドタイプ)
16インチ(40.6) 32.5(横)×24.4(縦) 35.3(横)×19.9(縦)
20インチ(50.8) 40.6×30.5 44.2×24.9
22インチ(55.9) 44.7×33.5 48.6×27.3
26インチ(66.0) 52.8×39.6 57.4×32.3
28インチ(71.1) 56.9×42.7 61.9×34.8
30インチ(76.2) 61.0×45.7 66.3×37.3
32インチ(81.2) 65.0×48.7 70.6×39.8
37インチ(94.0) 75.2×56.4 81.8×46.1
40インチ(101.6) 81.3×61.0 88.4×49.8
42インチ(106.7) 85.4×64.0 92.8×52.3
46インチ(116.8) 93.4×70.1 101.6×57.2
52インチ(132.1) 105.7×79.3 114.9×64.7
57インチ(144.8) 115.8×86.9 126.0×71.0
65インチ(165.1) 132.1×99.1 143.6×80.9
70インチ(177.8) 142.2×106.7 154.7×87.1
75インチ(190.5) 152.4×114.3 165.7×93.3

北海道 札幌 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京都 神奈川 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知 三重 滋賀 京都 大阪 兵庫 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄ブラウン管テレビテレビ・大型衣類乾燥機・冷蔵庫や大型電化製品その他を無料で処分する方法をお教えいたします。